ベルリン編まで、時を遡ります。

(前回も多分書きましたが)

今回は2回目ベルリンということもあり、観光、ほぼしませんでした。 
観光好きの私としては珍しいでしょ?

そして、ホステルには泊まらずに、今までの旅中に出会った何人かの友人の家にお世話になってました。
 (ありがたい!)

そんなゆるやかな生活を過ごしたベルリンでの一週間。滞在時に参考にさせてもらっていたブログを紹介します。

ベルリン在住のwasabiさん。

Blog* http://wsbi.net

新卒でフリーランスの日英翻訳家/ライターとして活動されてます。

超個人的選曲!ベルリンで出会ったベルリンの"今"を感じる音楽5選

wasabiさんの記事を見て、新しい音楽のジャンルも聞くようになった。


(特にこのRomano! 大好き。)


ベルリンの冬支度はココで!超巨大古着屋 HUMAN 

wasabiさんの記事を見て、大型の古着屋へも行ってみたりもした。

 

 

 
古着屋もそうだし、日曜の蚤の市巡りも楽しかったベルリン。

ショッピングってストレス発散になるからいいですよね。(お蔭でバックパック23kgに増大したけど。)
 
==

旅をしてからブログを見るようになったけど、主に世界一周ブログが中心だった。

現地で暮らす人が書くブログって、世界一周者の視点とまた違ってて・・
すっごく面白かったし、勉強になった。
(wasabiさん自身が魅力的な人だからなんだろうけど。 )

そんなwasabiさんの記事の中でも
これは、是非多くの人に読んでもらいたいと思った記事。

↓↓
命からがらドイツへ逃げて来た『シリア難民の友達』にインタビューしてみた
↑↑

今の時代、日本にいたとしても情報は知れるわけだし、決して無関心であってはいけないと思うんですよね。
(だからって、個人にできることなんて限られてるけど。)


・・話が少しそれましたが
wasabiさん。今回は私の失態により会うことができませんでしたが、次回ベルリンに訪れる際には是非お会いさせていただきたい人です。

11月は好きなブログを告白してもいい月らしいので、告白してみました。


昨日は106もの方がクリックしてくださりました。あなたのお蔭で現在8位。
今日もあなたの手裏剣クリック頼みます。
お願い!エイ! 
 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ   
 ありがとうございます♡
 
女忍者の更新通知がリアルタイムで、LINEで受け取れるようになりました!  
LINEユーザーの方は、よろしければご利用ください。詳しくはコチラ→ ★  



目指せ1,000いいね!
この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで女忍者をフォローしよう!

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. orishin mazlef
    • 2015年11月26日 17:36
    • 2 こんにちわ

      彼の行為を批判する訳ではありませんが、彼自身は何をなさっているのでしょうか?
      私は日本の財政に詳しくないですし、日本は裕福と言うイメージがありますので、もしかしたら国民全員が等しく裕福に暮らしているのかもしれません。が難民を受け入れてもそれを保持し続けていられるのでしょうか?自国民より他国民を優先する?大層な博愛主義だと思います。
      「捨て猫を見つけて、可哀想。でも俺は助ける事が出来ないから、誰か助けてやってくれよ?」極論的な意見を言えば、こんな感じです
      個人でできることは限られています。義援金を募っても大した額は得れないかもしれません。しかし自分の意見が「本気」かどうかを国や誰かに示すことはできます。しかし、もし、それもせずに資本主義の象徴であるインターネットを使って「意思表示www」だけをしているのであれば、どうかと思います。責任放棄も甚だしい。

      近しい者が悲惨な状況な事を知れば人は同情的になるでしょう。それが悪いこととは言いません。
      しかし私の国にも彼に似た境遇の人間は山のようにいます。アフリカは?インドは?他の国の人間はどうでも良いの?(そうは言ってはいないでしょうが)言い出せばキリがありません。
      誰かを助けようと思う気持ちはとても美しく素晴らしいものだと思います。助けれるのであれば救ってあげたい気持ちも理解できない訳ではありません。しかし理想を語るだけでなんら行動に移していないのであれば、他国の現実を知らずに平和に暮らしている人間となんら変わりはありません。
      SNSで世界中の人に現実を教える?知ってそいつらが金を出してくれるのか?そしてあなた自身は金を少しでも出したのか?(お金の話ばかりで少し汚いですが、すいません)

      知ることが必ず良いことだと私は思いません
      長々と私の偏見を語って申し訳ありませんでした

      これからも気を付けて良い旅を

      一路平安
    • 2. 荒川
    • 2015年11月27日 02:18
    • orishin mazlefさんへ

      ご意見を読ませて頂きました。

      日本を含め多くの国で日常的に募金は行われております。
      色々と思うところはあるのでしょうが、こういう情報を知る事によって
      募金してくれる人がいます。
      それで救われている人もいるでしょう。

      もっとこうしろ、もっとああしろと言い出したら
      キリがありませんよ。

      それで少しでも救われている人がいるのであれば
      意味のある事だと思います。







    • 3. wasabi
    • 2015年11月27日 04:48
    • orishin mazlefさん

      こんにちは、ブログを書いている本人のwasabiです。女忍者さんのブログ上で失礼いたします。
      私が書いた、難民となった友人の記事へはorishin mazlefさん含め、たくさんの方からご意見をいただきました。

      私はこの記事を「問題提起」したくて書きました。日本では、一般的にシリアの存在が遠すぎるんです。難民と言われても身近にそういう人がいないのでイメージが湧きません。それは仕方がない事です。なので、日本人の私にできたシリア難民の友人から語られる言葉を広めて、日本でももっと身近な問題に感じて欲しいというのが目的です。

      では、私は今実際ドイツでこの問題にどう取り組んでいるのか?
      これについてはまだブログで発表していませんが、難民に関しては取材も続けていて、私は今とあるプロジェクトに関わっています。ドイツにやってきた難民の方々にビザが降りるまでの待機期間、言語をボランティアで教えたり生活面でサポートをするドイツ人のグループへ、アート作品の購入を通じて利益の何%かをグループへ寄付するという取り組みです。これは、公的機関が関わっているのではなく全部がインディペンデントで、個人ができる範囲でそれぞれ参加しているプロジェクトです。

      これを通して、「個人でもできることはある」というメッセージも伝えたいと思っています。今、支払い管理システムを整えている段階なのでまだ発表できていませんが、近日中にブログ上でお知らせしますので良かったら是非チェックしてください。http://wsbi.net/

      ⬇つづく
    • 4. wasabi
    • 2015年11月27日 04:49
    • つづき

      色々なご意見があって当然と思いますが、私は情報をシェアすること、伝える事で世の中は変わると信じています。知れば個人の意識が変わります。個人の意識が変われば見える世界が変わってきます。私はそれも、「世界が変わる」ことだと思っています。知れば、何か変わる「かも」しれないけど、知らない限り、0のままだからです。難民を助けたくてお金を出してくれる人だけに書いているわけではありません。もっと広い範囲で、この問題に意識を持ってもらうことを目的としています。そして、シリア難民の状況を通じて日本の人にもっと世界のことに目を向けてもらえるようになったら、それは願ったり叶ったりです。

      コメント字数制限あるので、全部にはお答えできませんがもし他にもご質問や、ご意見があればブログ上のお問い合わせからメッセージいただいても構いません。それでは!
    • 5. orishin mazlef
    • 2015年11月27日 14:49
    • 荒川さん
      ああしろ、こうしろとは言ってはいませんが、仰っていることは理解しました
      わざわざ丁寧なコメントありがとうございます

      wasabiさん
      彼とは立場が異なりますが、私自身も人種問題を抱えているために少し感傷的になって冷静さを失ってしまっていたようです。申し訳ありませんでした
      私の国ではインターネットを始め全てのマスメディアが宗教に向かい、人々は疑うことなくそれを盲信しています。それに歯向かうものは投獄、最悪の場合は処刑されます。海外の方々はそんな状況を憂いてか、そんな状況を変える為にSNSなどを使い呼びかけてくれます。
      しかしそもそも何を変えようとしているのか?と私はいつも疑問に思います(認識の問題なので不適切な表現で誤解させてしまうかもしれません)
      そしてwasabiさんは「彼」ではなく「彼女」でしたね。訂正と重ねてのお詫びをします

      女忍者さん
      またあなたのブログで失礼しました
    • 6. 女忍者
    • 2015年11月29日 05:29
    • orishinさん、荒川さん、wasabiさん

      コメントどうもありがとうございます。

      私はできた人じゃないので、「知らない海外の誰か」に寄付することは
      非常に少ないです。
      でも、実際に出会って苦しんでる人。
      には、寄付をするようにしてます。
      「誰か」っていう抽象的な人物よりも、この人っていう個人の顔が浮かんだ方が
      やっぱり何かしなくちゃ。っていう気持ちになります。

      まず「知る」ことって大事だと思います。意識が変わるから。
      それが、行動につながれば、なおいいんでしょうけど。
      (行動につなげるようにします!)
    • 7. みぃ
    • 2015年11月29日 23:21
    • はじめまして。
      いつも女忍者さんのブログを楽しく拝読しています。
      ここでwasabiさんの記事をシェアしていただいたことではじめて難民について興味を持ちました。もっと知りたいし、周りにも伝えたいな、という気持ちになりました。
      女忍者さん、wasabiさんありがとうございました!
    • 8. 女忍者
    • 2015年11月30日 04:46
    • みぃさん

      ありがとうございます。
      嬉しいです。( ;∀;)

      海外を旅行して日本は恵まれているなぁと、つくづく思いました。
      (こうやって、旅してること自体、幸せなことです)
      私にできること、探します。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット