貧乏バックパッカーにとって、ボツワナでテント生活は必須。
ボツワナのキャンプサイトは、どこもかしこもすごく快適だった。

*

エレファントサンズロッジに泊まった後は、マウンのSedia Riverside Hotel。
ここでも、恒例のテント生活。



自然あふれる場所にテントを張りました。



ボツワナの天気はいつも快晴。
空を見上げると、もくもくの雲さん。



あやさんも言ってたけど、ボツワナの雲はすごく可愛いから好き。



マウンから約3時間、次に訪れたのはハンツィ

Kalahari Arms Hotel



ここでも、またまたテント泊。



ボツワナの宿に、プールはつきもの。



てれさ指導の元、平泳ぎの練習中の図。




*
うん、これはこれでいいけど、私が求めていたのはこういうんじゃない。

そう、私はガールズキャンプがしたかったのだ。

00310_131002_02
出典-http://blog.hankyu-travel.com/

こんなのや。

904ac3118f67b617542d3612f95c02f7
出典-https://www.pinterest.com/

こんな感じ。

main2-570x380
出典-http://roop-outdoor.com/


・・だって、女子だもん。
・・友達は伊賀流忍者 萌えキャラクター
伊賀嵐マイちゃんだもん。

アフリカでここまで可愛くは無理かもしれない。
(風船とか、ポンポンとかどこに売ってるんだ・・!)

でも、どうしても、少しでも可愛くしたい。

ということで、マジックペン1本をボツワナで購入。


よし、ガールズキャンプに挑戦するんだ!


そう、心に決めていたのに・・
出来上がったのはなぜかコレ。
 


しかも、この中途半端さは何?

(マジックペンが途中でなくなったことが原因。)

まだまだ、ガールズキャンプの道は険しい。


それはさて置き・・
ボツワナで、一番ガールズぽかったのがよく見かけたこの民族。



ひときわ目立つぞ、へレロ族!



お姫様みたいなかっこで、羨ましい。

帽子の中には、新聞紙をいれてるんだとか。その努力がステキ・・

この方々の爪の垢を煎じて飲む必要がある・・
そう感じた女忍者なのでした。



熊本付近の住民の皆様の、無事を心よりお祈り申し上げます。
  

今後のルートに悩みすぎて、更新が疎かになってました。
ごめんなさい。

7位です!


日もあなたの手裏剣クリック頼みます。お願い!エイ!

・・こんなにキャンプ生活してたけど、
未だに一人では、テントは張れません!( ゚Д゚)

ありがとうございます♡


  

 

目指せ1,000いいね!
この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで女忍者をフォローしよう!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット