スペイン語環境に身を置くため、快適だった日本旅館を離れて、日本人宿以外のホステルにチェックインしてみた。


ここのホステルは、女子トイレとシャワーに鍵がない。(ビニールカーテン越しに、シャワー浴びてるの丸見え!)
ホットシャワーはたまにぬるい。

キッチンは狭くて、設備が乏しい。
洗濯を干すスペースがない。
朝食が微妙。そして遅い。

2、3日だったら我慢できるものの、1ヶ月、2ヶ月過ごすとなると、やっぱり快適な場所に泊まりたい。

この宿は、一泊100ペソ(約700円)と、ブエノスアイレスで最安ライン。

安いからしょうがないことなんだけど、
いかんせん、物価が高いと思っていたブラジルよりも、コスパが悪いことが悲しい。


ドミトリー(相部屋)に泊まっている以上、同室の人はとても重要

そっちの方が安かったから、久しぶりに、女子専用ドミトリーを予約した。

泊まっていたのは、私を除いて二人。

一人はスタッフとしても働いている日系人の彼女。
スペイン語も英語も日本語も、ペラペラだった。

もう一人は、40代のベネズエラから来ている彼女。
私と一緒で、長期滞在用のマンションを探しているところだった。

二人とも親切で、ホットしたのも束の間、その後、ベネズエラ人の彼女に、殺意を覚えることになるのだった..


ベネズエラ人の彼女は、スペイン語と英語が話せて、その上、日本語を勉強したいそう。

スペイン語を教えるから、後で日本語を教えてね!と言われたので、快く了承した。

アルゼンチンでは、夕食の時間は大体22時ぐらいから。彼女もまた、夕食を準備する時間が遅かった。

時間は夜22時ごろ。

『ご飯を作って食べてからもどってくるから、それから日本語教えてね!』

と言われた。

Si.(はい。)軽い気持ちで、こう答えたけれど、中々彼女はキッチンから戻ってこない。

今朝は久しぶりに早く起きたこともあり、私は0時すぎにはもう眠くなってしまい、ベッドの中で、うつらうつら眠りについていたところだった。

そんな時に、彼女は部屋に帰ってきたようで。私が寝てるのなんて気にせず、話しかけてきた。

『もう眠いよ〜!寝かせて!』というも、『まだ0時すぎでしょ?』と取り合ってもらえなかった。

『朝6時に起きたから、眠いんだよ』と言うと、『私も6時に起きたよ!でも大丈夫!』と返された。

がーん!

彼女は基本的にお喋りだ。
私以外の人とも結構長く話してるので、きっとおしゃべりが好きなんだろう。

結局、深夜2時ごろになって、ようやく彼女が眠くなったので、お喋りは終わった。

(Noと言えない日本人)

翌朝(いや昼?)昨日よく眠れなかった私は、朝食を食べた後、昼寝していた。

満腹になった後に寝るのは、すごく気持ちのいいもので。
スヤスヤと寝ていたのだけれど、またしても、ベネズエラ人の彼女の妨害が入った。

『起きてよ!』って。

流石に眠かったから、『ごめん。私眠いの。』と断わって、シーツを顔までかぶり、もう一度寝ようと試みた。

しかし、彼女は諦めない。
『起きてよ!saya!saya!』と私が返事するまで、私の名前を呼び続けた。

し、しつこい。

ホステルをネット上からキャンセルしたい。でも携帯のバッテリーがないから、携帯貸して!

っていうのが用件だった。

知らんがな!と思うも、そこはNoと言えない日本人。彼女に私の携帯を貸してあげたのだった。

うん。無理だ..
次に目指しをホステルに、移動しよ(涙)



昨日は70人の方がクリックしてくださりました! 

ありがとうございます。4位キープ中です。

今日もあなたの手裏剣クリック頼みます。お願い!エイ!

いいブログのネタになったから、イインダ|д゚) 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
ありがとうございます!
yjimage 
Instagram 

再開しました。 

Follow me♡ 


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterで女忍者をフォローしよう!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット